2017年4月25日火曜日

千五百のゴムバンド交換

久々にQDを使ってみたら読み込みエラー。
ゴムベルト劣化がよくある症状のようなので交換してみる。

QDユニットの下2本のネジを外すとMZ本体から取り外せる。
QDのふたも後ろのネジ2本なので外しておく。

左右4本のネジを外してプラスチックのカバーを外す。

前後のネジ4本を外すと、下の土台が外れる

ゴムベルトが見える

新しいゴムベルトは千石で購入。QD用はφ40×1.2Tの様子。

ピンセットで交換。横から覗くとこんな感じ。
あとは、元通りに組み立てて完了。
QDは無事に読み込めるようになった!

ついでなので、データレコーダーのゴムベルトも交換。
まずはネジ4本を外す。

後ろのネジも外すと、下のカバーが外れる

カバーが外れると中が見えるので下面のゴムを交換。φ80×1.2Tの様子。

4隅のボルトを外すとデッキ部が外れる

上面のゴムを交換する。φ60×0.95Tの様子。
上が新品で下が外したゴム。かなり伸びてる。。
あとは分解した逆の手順で組み立てれば大丈夫。

手元にあったMZ-700用のHuCALで動作検証してみる。

IPL is loading HUCAL 700

テープもちゃんと読めました!
HuCAL、、、使い方はよくわからない。。

交換するゴムのサイズは、ググったら出てきました。
助かりました m(_ _)m

0 件のコメント:

コメントを投稿