2022年7月30日土曜日

パソピアのフロッピーをイメージ化

武田氏のパソピアエミュでD88イメージを使うことができる。
フロッピーをD88イメージ化するために98を使っているので、備忘録として残しておく。

PC-9821Anのファイルスロットに、5インチドライブを挿入する。
パソピアのフロッピーは両面倍率(2D)だが、こいつでイメージ化できる。

(1) ぶる~氏作のMAKE_HDを使う場合、
MAKE_HD [5"FDDドライブ] -r [エラーリトライ数] -f [出力するファイル名]

正常に終了すると以下のように表示される。
できたD88ファイルはMOに保存して、Windowsマシンに転送。
うちの環境では、この方法が一番楽だった。

(2) MAHALITOとDILTOを使う場合、

(2-1) FSLOT2DDを常駐させる。
これをしないとMAHALITOが5インチドライブを見つけてくれない。

(2-2) MAHALITOを起動してフロッピーをイメージ化
MAHALITO A -2D [5"FDDドライブ] [出力するファイル名]

(2-3) DILTOを起動してディスクイメージをD88に変換
DILTO -w [読み込むイメージファイル名]

イメージファイル名+".D88"でファイルが出力される。
逆にイメージからフロッピーに書き戻しする場合もMAHALITOが使える。

出来上がったD88ファイルは、エミュで使うことができる。
パソピア7のエミュでD88イメージを使ってみた動画。
ハドソンのギャングマン。
大きいキャラクターだが、動きもスムーズで素晴らしい。

2022年6月22日水曜日

Anの動作確認

せっかく分解したので、PC-9821An(上の方)を紹介。下は以前紹介したDOS/V機。

An/U2なので、マザボには内蔵ウィンドウアクセラレータのコネクタなし。

以前も紹介したが、ちびおと同等品を載せている。

CPUは、K6-III+ 360MHz駆動。PK-686P125の下駄とHK6-V2下駄の2段構成。
K6-III+なので、HK6-V2下駄の方で2.0Vになるように電圧設定してある。
V2下駄は5V電源からCPUの2.0Vを作成するため、Anマザーボードの3.3V負荷が低下。
Anの電源は3.3V系の負荷が低下すると電圧が安定しない特性があるのでファンで消費させる
電源部から3.3Vを取り出すペリフェラル4pinを用意しているので、そこにファンを接続。
3.3V系の安定と排熱を両立させる。

もう一つ問題があって、AnにK6-III+を載せるとキャッシュエラーが発生し劇遅になる。
対策として、PK98-MISTRESS9のROMにキャッシュ有効プログラムを書き込んでおく。
キャッシュ有効と一緒に、K6 Write Allocateの設定もさせる。
設定成功したら画面にメッセージ表示するようにした。

もう一つ、AnのCPU変更には致命的な問題があって、、、
スペース的に下駄が入らない。
スピーカーフレームとファイルスロット部分も板金加工で一部切り取り。

K6-III+はN4下駄でも試して480MHz駆動もできたが、バスマスタのSCSIボードを使った時に時々ハングすることがあったので、安定性を重視してV2下駄の360MHzに戻した。
それでもPen90と比べたら十分速い。

SCSIボードは、ICMのIF-2769。
バスマスタなので、CPU負荷をかけずに高速。DOSやWin95系では最速の部類だが、NT系はバスマスタのドライバーが無くFIFOのみ。残念。
単独だと2GB越えできないが、IFC-NNでフォーマットしたHDDは2GB以上も認識できる。
SCSI ID:0がMO、ID:1がSSD、ID:6がCD-ROM(Plextor 40倍速)
98の仕様でSCSI IDが連続でないとMO認識できないので、この順番にしていたはず。

SCSIスロットは2種盛り。LANとSCSIスルーの2種類の機能を持つ。

SCSIケースはICM製。ICMにこだわりがあるわけではなく、たまたま。
IDE-SCSI変換は、CenturyのIDE活かしてSCSI(CHB35INT2)。
IDE-SATA変換を通して、32GBのSSDを搭載。
2GB超えなので、IFC-NNでフォーマットした後、IF-2769で読み込ませる。
各OS領域は2GBにしている。

ウィンドウアクセラレータは、Canopus PowerWindow 964LB 4MB

気持ち的にチップにヒートシンク付けてある。
背面はこんな感じ。上から3つめは3.3V消費用のファン。

ゴム足3つが溶けてベトベトしていたので、この機会に交換。
タカチ電気工業のSJ-P5023。20.6mm×20.6mmで、高さが7.6mm。ポリウレタン製。

元のゴム足は、カッターで角を浮かせて指で力を入れると取れる。
新しいポリウレタン製を付けてみた。いい感じ。

KVMで使うために、キーボードとマウスのコンバータを使う。

全部繋いで動作確認。当時定番だったHDBENCH 2.61
HDBENCH 3.22はこちら

先日サービスが終わったIEを起動してみる。
バージョン5.5なので多くのサイトは表示できないが、Googleトップページは表示できた。

DOSはこれで動作確認。
つたないプレーですが、動画でどうぞ...
こんな連鎖で動画アップするなんてありえないと言われたが、今はこれが限界...

2022年6月19日日曜日

PC-9821An電源修理

我が家のPC-9821Anがピポらなくなった。

電源ユニットPU732を少し改造していて、ペリフェラル4pinで12Vと5Vを外だししてる。
あと3.3Vラインも、同じくペリフェラル4pinコネクタで外だししている。
テスターで測ってみると、電圧が出ていない。

ということで電源を分解。電源部はプラスドライバーで分解できる。
まずヒューズをチェックしたが、飛んでなかった。

電源基板はこんな感じ。
ぱっと見、液漏れや膨らんでいる電解コンデンサはなさそう。
そうはいっても、やはり怪しいのは電解コンデンサ。一通り見てみると、
[メイン基板]
・C6 : 180V/1200uF
・C10 : 50V/22uF
・C20,C24,C29,C30,C33 : 10V/1000uF
・C21 : 25V/470uF
・C22 : 35V/330uF
・C25 : 16V 470uF
・C26 : 25V/47uF
・C28 : 10V/2200uF
[サブ基板]
・C12,C14 : 50V/1uF
・C27 : 50V/0.47uF
・C31,C32 : 50V/4.7uF

代替品は、日本ケミコン製・温度特性105°Cのものを中心にマルツオンラインで購入。
マルツに無いものはヤフオクなどで購入。
全部で17個、1000円ほどになった。

今回もはんだシュッ太郎で交換。
交換した後は、こんな感じ。
サブ基板は取り外さずに交換できるが、隙間が少なく手間がかかった。

交換後の電解コンデンサ達。
交換後の半田面。

仮組みして通電してみると、軽くファンが回る。
電圧も出るようになったが、電源単独だと電圧が安定しない。

マザーに組み付けて動作確認。
CPUを元Pentium 90MHzに戻して動作確認すると、ピポった!
電圧も12V、5V、3.3Vすべて安定。

どのコンデンサが悪かったのか調べてないが、
30年近く前のPCだから全部交換した方が気持ち的にすっきりです。

2022年5月28日土曜日

初代ワニ

由仁町の温泉に行ってきました。

ゲームコーナーに初代ワニが!

ハンマーがちょっと違うけど、現役で動いてる。

嚙まれたら、亀の背中にあるランプが点灯する仕様?
これだけ叩かれながら、30年以上現役で動いているのはすごい。

遠いですが、ゲームしてみたい方は由仁町まで是非。1Play \100。

2022年5月21日土曜日

パソピア700用USB Keyboard Adaptor 【USBKey700】

お待たせしました。近々、家電のケンちゃん(https://www.kadenken.com/)から
パソピア700用USB Keyboard Adaptor 【USBKey700】 Rev 0.1を発売します。
以下、簡単な説明になります。

【装着】
・USBKey700本体とmicro USB Type-Bコネクタを接続します。
・パソピア700の電源をオフにします
・USBKey700のキーボードコネクタ(Din13ピン)をパソピア700に差し込みます。
・USBポートにキーボードを装着してから、パソピア700の電源をオンして下さい。
 ※キーボードコネクタは、奥までしっかり差し込んでください。
  コネクタを抜くときは線を引っ張らず、コネクタ部分を摘まんで抜いてください。
 ※しばらくコネクタを使っていない機体の場合、接触不良がおきる場合もあります。
  その場合はコネクタを何度か抜き差ししたり、接点復活材をお試しください。

【USBキーボード】
・日本語109キーボードを用意してください。
・USBホットプラグはサポートしません。
・USBハブ搭載のキーボードや、特殊機能があるキーボードは利用できません
 それ以外にも利用できないキーボードもあります。ご了承願います。

【キー配置】
・パソピア700オリジナル配置

・日本語109キーボードへの割り当て (※印はSHIFTキーも同時に入力されます)

【ファームアップデート】
・ファームアップデートする場合は、必ずパソピア700からコネクタを抜いてください。
 ※そのままPC接続すると、パソピア700に電流が流れて壊れる恐れがあります。
・USBキーボードと接続しているmicro USB Type-Bコネクタも抜きます。

・プラス精密ドライバーでネジ2本を外し、蓋を開けます。
・USB Type-Aとmicro USB Type-Bのケーブルを用意し、
 基板上のBOOTSELと記載されている白いボタンを押しながら、PCと基板を接続します

・しばらくするとPCがUSBドライブとして認識します。
・Explorerを開き、PRI-RP2という名前のUSBドライブにuf2ファイルをコピーします。
・コピーが成功すると、自動でUSBドライブのマウントが解除されます。

新しいファームが用意できましたら、このブログで公開したいと思います。

【注意・免責事項】
本機を使用して生じたトラブル、被害、またはそれに掛かる損害などについて責任負わないものとさせて頂きます。
USBキーボードはお客様でご用意下さい。全てのUSBキーボードで動作保証するものではありません。
改良のため、予告無く仕様変更をすることがあります。
プラスチックケースは手作業で削っていますので、傷が付いていますがご了承下さい。
ご理解のほどお願い致します。

新しい情報などがあれば、https://pasopia700.blogspot.com/search/label/USBKey700サイトから公開していきます。

パソピア700を持っている人は少ないと思いますが、持っている方は是非お試しください。
特に上下キーが分離した点やバックスペースが使えるようになったのは便利だと思います。

-----
同時に家電のケンちゃん(https://www.kadenken.com/)で、XPAC2 Rev.2を再販します。
今回、アップデートキットのケースは、茶グレーっぽい色にしました。
組み立て方やパソピア700への装着方法などは、https://pasopia700.blogspot.com/2020/09/blog-post.htmlを参照して下さい。
今回も中古のFCケースを手で削っていますので加工傷などありますが、ご了承願います。

近いうちに通販ページに登録されると思いますので、よろしくお願いします。

-----
(6/10) おかげさまで売り切れました。お買い上げ頂いた皆様、ありがとうございました。